会長あいさつ

 

 

会長の写真

 

 日本では少子高齢化が叫ばれて久しい。2025年には団塊の世代が75歳以上となり超高齢化社会が到来する。滋賀県も人口増加から人口減少に転じた。草津、栗東地区は全国では珍しい人口増加地区であり、小児の人口も増加している。一方で、高齢者も増加することには変わりがない。

 安部首相の掲げる1億総活躍社会のため、待機児童を減らさなければいけないし、介護離職を減らすためには高齢者を受け入れる介護、福祉施策も充実しなければならない。小児医療の充実と、在宅療養を支える地域包括ケアを構築するために医師会も努力していきたいと考えています。

一般社団法人 草津栗東医師会
会長 樋上 雅一